ウルセラが大阪で人気のリフトアップ方法

subpage01

ウルセラは、大阪で人気の高いリフトアップ治療です。



切らない方法であり、頬の深部にまでアプローチすることができるからです。皮膚を支えているSMAS筋膜が緩んでしまうことが、皮膚のたるみと合わせて顔を老けさせてしまう一つの要因であり、SMAS筋膜をしっかりと刺激できることが重要なポイントです。



超音波を狙った点に集中させて照射できるウルセラにより大阪で治療を受けた人の多くが、1回の施術だけでも変化を感じています。



顔をすっきりさせるためには個人差がありますが、月に1回3か月から6か月程度通うと満足できるリフトアップにつながります。
たるみの予防として継続することも可能であり、ほうれい線やあご周りなど気になるたるみにしっかりと対応することができます。


医師が表情筋や骨格についての正しい知識を持ち、操作にも慣れていないと十分なリフトアップを得られない可能性があります。
できれば解剖学に精通している医師による操作がベストで、これまでウルセラを使った大阪での治療実績があるクリニックにおいて施術を受けることが大切です。
顔や、口内に痛みや傷があるときには治療ができない場合があります。

カウンセリング時に医師に相談し、判断してもらいましょう。ウルセラは大阪で人気がありますが、類似品の装置を使っているのにも関わらず導入していると騙っているところもあるため、良く確かめましょう。


たるみがすっきりすれば、顔の部分痩せや若返りが期待できます。